利用規約Terms of Service

全研本社株式会社(以下、甲と称する)は、甲が運営する「リンゲージスピーク」で提供する全てのサービスを、サービス申込み希望者、及び利用者(以下、乙と称する)が利用することに関して、以下の利用規約を定め、乙はサービスの利用をもって利用規約を同意したものとみなします。

第1条 (当利用規約の範囲)
利用規約の範囲は、甲が本サイトで規定するものに加え、甲が乙に対して電子メール等を介して発信する情報も含みます。
第2条 (当サービスの登録)
乙は甲が定める方法により、当サービスの登録を行うこととします。 乙は当サービスの登録にあたって、下記の事項を確認し、同意しなければなりません。
1.利用規約を熟読し、その内容を承諾した上で、サービスに登録すること。
2.甲が推奨するバージョンのスカイプをインストールすること。
3.通信環境が当サービスの利用に支障がないことを確認すること。
4.乙が未成年の場合は親権者等法定代理人の同意を得ること。
5.甲が定める決済方法により当サービスの利用料金を支払うこと。
6.サービス品質向上のため、乙に対して電子メールによる通知、広報、アンケート等を実施すること。
第3条 (禁止行為)
乙が当サービスの利用に際して以下に定める行為を行った場合、甲は乙の登録取消、損害賠償請求、その他法的処置をとります。
1.乙がサービスを利用する権利を他者に譲渡、使用、売買、名義変更、すること。
2.甲の名誉、信用、を侵害する行為。
3.違法行為、公序良俗に反する行為。
4.サービスの運用を妨げる行為。
5.犯罪行為、及び犯罪行為に結びつく行為。
6.講師への嫌がらせや、不良行為等レッスンの進行を妨げる等のハラスメント行為。 尚、ハラスメント行為の認定は、事実確認のうえ、甲が判断いたします。
7.講師の雇用条件や個人情報等甲が一般的に開示していない機密情報を詮索する行為。
8.電子メールの送受信を含め、オンライン、オフラインを問わず、本人、またはその代理人が講師と個人的に接触しようとする行為。
9.ひとつのアカウントを複数のユーザーで利用する行為。
10.その他、甲が不適当と判断する行為。
第4条 (利用規約の変更)
甲は、乙の同意を得ることなく利用規約の変更を行えます。また、変更された利用規約はウェブ上に表示した時点で効力を生じるものとし、その効力は全ての乙に対して適用されることを、乙は予め同意します。
第5条 (登録情報の変更)
乙は、当サービスに登録した事項に変更があった場合は、甲に遅滞なく甲所定の方法により、変更事項を届け出るものとします。尚、甲が定めた変更不可項目については、甲が承認した場合を除き、初期登録内容からの変更を行うことはできません。 また、乙が変更の届出を怠ったために生じた不利益、その他の負担について、甲は責任を負わないものとします。
第6条 (登録情報の取り扱い)
Ⅰ.甲は乙の登録情報を甲が別途規定するプライバシーポリシーに則って管理します。以下に定める場合につき、乙の登録情報を第三者に提供・開示する場合があります。
1.乙の同意が得られた場合。
2.法令等により公的機関により甲が開示を求められた場合。
3.個人の識別ができない状態で提供する場合。
Ⅱ.一方、乙は登録した情報を厳重に管理・保管します。乙による登録情報の失念、消失、及び登録情報の管理の不徹底による損害責任は乙が負うものとし、甲は責任を負いません。また乙は自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合は、甲に遅滞なくその旨を連絡し、指示に従うものとします。
第7条 (ユーザー資格の取り消し)
Ⅰ.乙が以下の事由の何れかに該当する場合、甲は、乙に何ら事前の通知、または催告をすることなく、ユーザー資格を不承認、または取り消すことができるものとします。
1.第3条(禁止行為)に定める事由のいずれかに該当することが判明した場合。
2.当サービスにより提供された情報を甲の承諾を得ることなく改変した場合。
3.不正の目的をもって当サービスを利用した場合。
4.手段を問わず、当サービスの運営を妨害した場合。
5.電話もしくは電子メールによって、乙との連絡が取れなくなった場合。
6.ユーザーとして不適格と甲が判断した場合。
7.1年間、当サービスの利用が無かった場合。
8.その他、本規約のいずれかの条項に違反した場合。
Ⅱ.ユーザー資格を抹消された場合、当該ユーザーは、甲に対する債務の全額を遅滞なく支払うものとします。また、甲は、甲が認めた場合を除き、既に支払われた料金等の払戻義務を負わないものとします。
Ⅲ.甲は、ユーザー資格を抹消した場合、当該ユーザーのID、及びパスワード等を無効とすることができるものとします。この場合、甲が資格の取り消しの措置を行使したことにより当該ユーザーに損害が発生したとしても、甲は責任を負わないものとします。
第8条 (サービス規定)
乙は、次の各サービス規定にあらかじめ同意し、従うものとします。
1.乙は甲が別途定める利用料金をクレジットカードにより支払うことで当サービスを利用できます。
2.甲は、乙に起因する理由により利用の中止があった場合、料金を返金しません。
3.甲に起因するシステム障害等により、1レッスンの時間が20分を下回った場合、甲は代替のレッスンを乙に提供するものとします。尚、この場合、乙はレッスン終了後1時間以内に当サイトに電子メールにてユーザー名、受講できなかった時間帯、講師名を明記の上通知を行う必要があります。甲は障害等の状況を調査・確認し、障害等が認められた場合、乙に代替レッスンを提供します。
4.乙に起因するシステム障害等により、レッスンを受講できなかった場合は、代替のレッスンを提供しません。
5.当サービスのサービス提供時間は、本サイトに記載されているとおりとします。甲は乙への事前告知なしに本サイトへの告知をもって、当サービスの提供時間を変更できるものとします。
6.甲は、年末年始、または、フィリピンの休日により休講日を定めます。甲は乙への事前告知なしに本サイトへの告知をもって、当サービスの休講日を変更できるものとします。
7.甲は、乙への円滑なサービスの提供のため、乙の予約回数の制限や変更ができるものとします。
8.甲は、乙への円滑なサービスの提供のため、提供するサービスの監視を行います。乙は自ら参加するレッスンを、甲によって監視されている可能性があることを予め同意するものとします。
第9条 (サービスの提供期間)
Ⅰ.乙は利用規約にもとづき、乙の登録を甲が承諾した日より当サービスを利用することができます。
Ⅱ.甲は、当サービスの中断もしくは停止を、事前もしくは事後に本サイト上での掲載、または乙に対する電子メールでの通知をもって任意に行うことができるものとします。但し、甲が判断して、緊急かつ合理的な事由がある場合は、乙への通知なしに当サービスの中断もしくは停止ができるものとします。
Ⅲ.甲は、当サービスの中断、停止等の発生により、乙、または第三者が被ったいかなる不利益、損害について、責任を負わないものとします。
第10条 (サービスの終了)
甲は当サービスの終了を事前もしくは事後にウェブサイトもしくは 電子メールでの通知をもって行います。スカイプの障害、国内外の政治情勢・自然災害等、甲の責任によらない事由で当サービスの提供が困難な場合は サービスを中断できるものとします。
第11条 (アンケートの実施、及び情報配信)
甲は乙に対して電子メールによる通知、広告、アンケート等を実施できるものとします。
第12条 (スカイプの利用)
甲はスカイプを用いて当サービスの提供を行います。 スカイプの利用に際し、乙は下記の内容について同意します。
1.乙は通話ソフトウェアの機能、及びその利用規約について、スカイプの規定に従うこと。
2.乙は当サービスの利用前までに通話ソフトウェアをダウンロードし、その機能を確認すること。
3.通話ソフトウェア、及びその利用に必要なハードウェアの故障、及び乙の設定不備によりサービスが利用できない場合、 甲は責任を負わないこと。
4.レッスン開始後に発生した通話ソフトウェアそのものの不具合について、 甲は責任を負わないこと。
5.甲はスカイプの事情により生じたトラブルについては責任を負わないこと。 また甲はスカイプが提供するサービスに関するお問い合わせについて、受け付けないこと。
第13条 (免責事項)
乙は、下記の各条項に定める事項に起因、または関連して生じた損害について、甲がいかなる賠償責任も負わないことに予め同意します。
1.当サービスの利用に際し、満足な利用ができなかった場合。(以下の状況を含みますが、これらに限定されません。)
a.急激なユーザー数の増加により、提供レッスン数が不足したことに起因する場合。
b.乙が希望する特定の時間帯のレッスンが予約できなかった場合。
c.乙が希望する特定の講師のレッスンが予約できなかった場合。
d.フィリピンでの停電や通信障害等によりレッスンを中止せざるを得なかった場合。
e.乙のメッセージやデータへの不正アクセスや不正な改変、その他第三者による行為に起因する場合。
f.フィリピン側の通信障害発生等による提供可能レッスン数の急減により、提供レッスン数が一時的に不足している場合。
2.スカイプの不具合、トラブル等により当サービスが利用できなかった場合。
3.乙の自己責任で受信、または、開いたファイル等が原因となりウィルス感染等の損害が発生した場合。
4.パスワードの紛失等、乙の過失に起因し当サービスが利用できなかった場合。
5.本サイトと当サービスで提供するすべての情報の完全性、正確性、最新性、安全性等。
第14条 (著作権、及び所有権)
Ⅰ.当サービスの画像・素材・レイアウト・デザイン・構造・システム等ホームペ−ジ内の全てに関する肖像権、著作権は甲に帰属します。乙がそれらを営利目的に使用、複製、転載、変更、翻訳、譲渡、及び貸与を行うことは、甲、または当社管理の著作権・肖像権の侵害にあたり、そうした侵害行為を行った場合には、事前の催告なく、法的手段を講じることがあります。
Ⅱ.甲が乙の合意を得て撮影した写真や動画の著作権は甲に帰属します。甲はこれらを、目的を問わず現在、及び将来にわたって利用できる権利を有するものとします。
第15条 (準拠法)
本規約の準拠法は日本国法とします。
第16条 (合意管轄裁判所)
本規約に関して生じた乙と甲の紛争について、協議しても解決しない場合は、東京簡易裁判所、または、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに同意します。